TOP

キャッシングなどでお金を借りたとき、借り入れした額に対しての利子が付きます。

キャッシングサービスなどでお金を借りた場合、借り入れした金額に対し、利子が付きます。この利子については、返済の際元本に加えて支払っていくわけですが、キャッシング利用時の「金利」というのは、行政から年利で表示することがルールが設けられていて、どの会社でも、3から18パーセントと決めています。100万円以下で借り入れした場合、ほぼ間違いなく、上限の金利が適用されると考えておくのが無難です。「3~18%と書かれているなら、自分が借りるときは、金額的に見て10%くらいの年利だろう」と早合点して結論を出すのはキケンです。書かれている上限金利を下回るのは、大抵のキャッシングで借入れが100万円を超えるかなり大きい金額の契約をした場合のみです。

過去記事一覧

過去記事一覧