TOP

一昔前、世間では消費者金融のことを「サラ金」と呼んでいました。

10年、いや20年くらい前は、消費者金融のことを「サラ金」と呼んでいました。この「サラ金」という言葉は、サラリーマン金融という言葉が略されたもので、消費者金融がサラリーマンを相手にしている金融会社、であることから「サラ金」と呼ばれていました。当時は、高金利でお金を貸すということもあって、世間からするとイメージはよくありませんでした。この頃の印象が色濃く残る昭和世代として見ると、当時とはまったく違う、近年の消費者金融の変化に、違和感を感じる人も少なくないでしょう。最近では、「銀行」と連携した運営方針を取るようになり、信用度も高められてきました。利用者が増え安定していったことで、金利についても銀行のような低金利を採用しているところも増えています。それから、審査も緩めで、即日融資にも応じてくれるます。なので、万が一、お金を急に必要とするときには、銀行なんかよりも迅速な「消費者金融」にメリットを感じるかもしれないですね。

過去記事一覧

過去記事一覧